彩生活オンラインショップ
使用上の注意点と保存方法
エッセンシャルオイルの使用に関するご注意
 
●原液を皮膚に直接つけないでください。
誤って原液が皮膚についてしまった場合は、石鹸と水でよく洗い流してください。万一皮膚に異常が出た場合は、専門医にご相談ください。マッサージで使用する場合は、約1%に薄めて。敏感肌の方、ご高齢の方の場合はさらに薄めの 0.5〜0.8%に薄めて使用してください。
 
●マッサージで使用する前にはパッチテストを行い、肌に合うか確認してください。
体質やエッセンシャルオイルの種類によっては、アレルギーをおこすことがあります。マッサージで使用する前に、必ず簡単なパッチテストをしてください。
 
●内服・飲用はしないでください。(紅茶に入れて飲むのもお止めください)
誤って飲んでしまった場合は無理に吐き出さず、口の中を大量の水ですすいで、すぐに医師にご相談ください。
 
●点眼しないでください。
使用の際は目に入らないようにご注意ください。誤って目に入ってしまった場合は、すぐに水で洗い流し専門医にご相談ください。
 
●柑橘系のエッセンシャルオイルの光感作性にご注意ください。
エッセンシャルオイルを皮膚に塗布した状態で強い日射しに当たると、紫外線に反応して、皮膚に炎症などを起こすことがあります。これを光感作と呼び、柑橘系精油のベルガモット、レモン、グレープフルーツ、スイートオレンジ、マンダリンには光感作の可能性があります。使用後、約6時間は直射日光に当たるのを避けてください。
 
●妊娠中の方、お薬を服用されている方は使用を控え、かかりつけの医師にご相談ください。
 
●ご高齢の方は使用量を控えてください。
通常使用量の約半分からの使用をおすすめします。マッサージの際はエッセンシャルオイルを入れずにキャリアオイルのみのマッサージをおすすめします。
 
●乳幼児への使用はお控えください。
3歳未満の乳幼児には香りを嗅ぐ使用方法、すなわち室内芳香以外はおすすめしていません。
3歳以上のお子様でも、大人より少ない量・濃度で使用することをおすすめします。
 
●衣類につかないようにご注意ください。
エッセンシャルオイルが衣類につくとシミになって落ちない場合がありますので、ご注意ください。
 
●エッセンシャルオイルを病気の治療目的で使用することはご遠慮ください。
現在、日本国内において、エッセンシャルオイルは医薬品とは認められておりません。
 
●精油が付着した衣類・布類を洗う時は、完全に落ちてから乾燥機にかけてください。発火の危険性があります。
 
 
保管上のご注意
 
1.エッセンシャルオイルの変質を避けるため、直射日光のあたらない涼しいところに保管しましょう。また、高温多湿の場所での保管は避け、極端な温度や湿度の変化にも注意しましょう。
2.エッセンシャルオイルの酸化による変質、揮発による減少を避けるため、容器のフタはきちんと閉めましょう。
3.誤用、誤飲を防ぐため、お子様やペットの手の届かないところに保管しましょう。
4.引火の可能性があるため、火気の近くでの使用、及び保管は避けてください。
5.開封後のエッセンシャルオイルは、1年以内を目安に使い切るようにしましょう。ただし、柑橘系のエッセンシャルオイルは、含まれている芳香成分が他のものより変質しやすいため、約半年以内を目安に使い切ってください。
 
 
閉じる
株式会社 彩生舎