こうしてもらえると助かります

| コメント(0) | トラックバック(0)

自閉症のことについては、一旦今回が最後です。

こうしてもらえると助かります ~自閉症の人を見かけた時の対応~
(世界自閉症啓発デー 日本実行委員会 公式ホームページより
 抜粋させていただいています)
自閉症の人には、会話が苦手な人が多くいます。
このため、その人の発達に応じたわかりやすい説明をお願いします。
例えば、その人が理解している言葉を知り、
その言葉を使うことや、
写真や絵などを添えて説明する、
抽象的な表現をさけて、短い表現で話すことなどで、
理解しやすくなります。
また、過敏で、
人混みや大きな音、光といった刺激を苦手とする人が多くいます。
このような刺激による不快感を増幅させないよう
安心できる環境を調整して作ってあげてください。
新しい事や、いつもとやり方が違う時に、
困って混乱することがあります。
また、「できない時」「間違っていた時」に叱って教えようとすると、
本人が混乱して余計に理解できなくなったり、
将来に悪影響を及ぼすこともあります。
どうすればよいのか、
正しい方法をできるだけ具体的に教えることを基本に、
穏やかに根気よく接して、良い関係を作るようにしてください。


自閉症の人と接すること、
会話することはとっても難しいことと思います。
学んでも学んでも一人一人が違います。

そんななか、共通して言えるのは笑顔が通じることです。
期待したようなリアクションが無くても必ずその笑顔は通じています。
反対に怒っていると感じていないように見えても必ず伝わっています。

簡単なことではないと思いますが、
本当のことであって、とてもとても大切なことです。

たかみつ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.saiseisha.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/483

コメントする

メドウズジャパン
イーズ 未来共創フォーラム
100万人のキャンドルナイト でんきを消して、スローな夜を。
リサイクルせっけん協会

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、にしむらたかみつが2017年4月 1日 22:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「応援してください」です。

次のブログ記事は「ブルーライトアップ2017 滋賀会場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。