2014年8月アーカイブ

芸術の都から霧の都へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

5日目になりました。
「芸術の都」フランスから「霧の都」イギリスへ
今回はユーロスターを利用しての入国です

出発は午後
せっかくなので、ほんの少ししか時間は無かったのですが、
ルーブル美術館に寄って芸術の勉強をして来ました
解説出来ないので写真だけ紹介します

14.07.04-eurostar01.JPG

14.07.04-eurostar02.JPG
有名な三角屋根とその真下です。

14.07.04-eurostar03.JPG

14.07.04-eurostar04.JPG

14.07.04-eurostar05.JPG
キリストの関係のものが一番多かったかな...

14.07.04-eurostar06.JPG

14.07.04-eurostar07.JPG
泣く子も黙るモナリザ

14.07.04-eurostar08.JPG

14.07.04-eurostar09.JPG
ナポレオンの関係は
大きな一つのエリアにまとめて展示されていました。

14.07.04-eurostar10.JPG
何故、世界的芸術なのかよく分かってません

モナリザをはじめ、
これらの芸術作品をホームページで紹介することってどうなのかな...
と思って調べてみましたら、
これらの古い芸術作品って著作権の期限が切れていて公のものに
なっているので、商品のパッケージに使おうがどうしようが自由なん
ですってね。
まぁ、彩生舎の商品にモナリザやキリストは使いませんけど...

14.07.04-eurostar11.JPG

14.07.04-eurostar12.JPG
おまけ写真でコンコルド広場です
オペラハウスもルーブル美術館もすぐ近くですが、道路は渋滞していました。

あっという間に出発の時間です
14.07.04-eurostar13.JPG
このユーロスターに乗りました

...が、乗る前が大変でした
今、イギリスへの入国って、
特にアジア人にはかなり審査が厳しいらしく、
根掘り葉掘り追求されてなかなか通してくれませんでした
これが中東の国の人だったら、
本当に単なるツアー客でも通してもらえないみたいです

14.07.04-eurostar14.JPG
意外に美味しかった車中の食事と言うかおやつです

列車はシャンパンの生産で有名なシャンパーニュ地方を通って
ドーバー海峡へ
パリを出てからおよそ2時間で
イギリス ケント州のアシュフォード国際駅へ到着します。
14.07.04-eurostar15.JPG
ここで待っていてくれたのは、
もうお馴染みのダーリン・ペイン氏をはじめメドウズの皆さん

すぐにカンタベリーへ移動して、
この日の夜は明日以降の打ち合わせも兼ねて
歓迎パーティーを開いてくださいました

14.07.04-eurostar16.JPG

14.07.04-eurostar17.JPG
久しぶりのハンバーガー

実はこのお店、お酒を飲まなくても酔えるんです(笑)
2階なのですが、床全体がハッキリと斜めになってるので、
前を見ているだけで目がぐるぐると回って来ます

お仕事の話しはまた明日
この日も食べてばっかりだったような...笑

おやすみなさい

たかみつ

プロヴァンスの朝市

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝5時半頃のプロヴァンスダウンタウンです。
14.07.03-tgvparis01.JPG

14.07.03-tgvparis02.JPG
気温はきっと15℃くらい...寒っ
あまりにも場違いな格好でジョギングして来ました

さて、この日はお昼からパリへ移動するので、大層なことは出来ません
なので、朝からプロヴァンス市内の朝市へ
当たり前ですけど、日本とは様子が違ってとても面白かったですよ

14.07.03-tgvparis03.JPG
野菜てんこ盛り
きっと量り売りなんでしょうね。

14.07.03-tgvparis04.JPG
すももにももにさくらんぼ...などなど
思わず買ってしまいました

14.07.03-tgvparis05.JPG
SAUCISSONと言います
凄い香りを発していました(笑)
要するにサラミみたいなものなのですが、
豚肉とラードをミンチにして香辛料を加えて、
豚の腸に詰めて低温で発酵させて白カビが生えてきたら完成です
日本で言うところの納豆や糠漬けのような位置づけで、
こちらの人は当たり前に毎日いただく食べ物のようです

14.07.03-tgvparis06.JPG

14.07.03-tgvparis07.JPG
香辛料と花...
どちらも沢山の種類が並べられていました

まだ少し時間があったので、この街の教会にも連れて行ってもらいました
14.07.03-tgvparis09.JPG
撮影を許可されたので、少し中の様子をご紹介します
ここの教会は特に広く大きくて、
置かれているものもとても古くて立派なものが多かったように思います。

14.07.03-tgvparis10.JPG
中に入っていきなり驚いたのが、このパイプオルガン。
こんなのがあるのですね
演奏してるとこを観てみたい

14.07.03-tgvparis11.JPG

14.07.03-tgvparis12.JPG

14.07.03-tgvparis13.JPG

14.07.03-tgvparis14.JPG
巨大な額や壁画、彫刻、ステンドグラス...
何を見ても驚きと感動の連続でした

一番驚いたのがこの柱
14.07.03-tgvparis15.JPG
1世紀からそのまま残されているものもあるんです。
いくら地震が無いところとは言え、凄い耐久性ですね。

いよいよプロヴァンスを離れてパリへ
14.07.03-tgvparis16.JPG
これまたスリ被害の多いTGVにて移動します。
と言ってもスリが多発するのは発着時だけ。
走り出したらのんびり出来るので、
朝市で買ったさくらんぼといちごを美味しくいただきつつ、、、
14.07.03-tgvparis17.JPG

約4時間かけてパリに到着しました
お約束のようにホテルに荷物を預けてすぐにパリ市内へ

14.07.03-tgvparis18.JPG
パリのシンボルですね

14.07.03-tgvparis19.JPG
セーヌ川の様子です
この明るさと人の多さなのですが、実は既に夜です

初めて、夜のエッフェル塔と凱旋門を観ることも出来ました
14.07.03-tgvparis22.JPG

14.07.03-tgvparis23.JPG
この頃には既に24時頃。
さすがに疲れました。。。

なのに、この人と車の多さは渋谷か新宿並み?(笑)
近江八幡では考えられません

プロヴァンスからパリへ
一日でフランスを堪能した気分でした
明日は午後のユーロスターでイギリスに入ります

たかみつ

マルセイユの街とセナンク修道院

| コメント(0) | トラックバック(0)

プロヴァンスに来て3日目

今日はお取引先でもある、
リュベロン地方の「セナンク修道院」にお邪魔して、
ラベンダー畑や歴史について勉強させていただく予定です

が、お約束の時間は午後なので...
ぽっかりと間が空いてしまいました

なので、マルセイユの港にちょっと寄り道を...

14.07.02-marseille02.JPG

14.07.02-marseille01.JPG
いかにも地中海の玄関口の街だけあって、
保管されているヨットの数が半端じゃないですね

14.07.02-marseille03.JPG

14.07.02-marseille04.JPG
こちらは港の朝市です
これもまた、マルセイユらしい光景ですね
ウツボだの何だの...とてもじゃないけど美味しそうでは無かったです(笑)

以前、リヨンの駅でスリに遭ってしまったことがあるのですが、
ここマルセイユも強い警戒が必要とされる街です
案の定、その直後らしく生々しい光景に遭遇してしまいました

そう言えばフランスではスリに遭うわ、
目の前で交通事故を目撃するわ、
迷子になるわ...と色んなことがありました
次は何でしょう...
今回は無事に帰りましたが

前回同様、今回も船で10分ほどのイフ島に行ってみました

14.07.02-marseille05.JPG
イフ島からマルセイユ市街地を見た素晴らしい眺めです

14.07.02-marseille06.JPG
写真奥の島に建物があるのが見えると思います

14.07.02-marseille07.JPG
拡大したらこんな感じです

この建物は1910年頃にペストが大流行した時、
患者を隔離治療するための施設だったそうです。
この感染病拡大により、
世界で1200万人が亡くなったとされていて、
現在も感染拡大を防ぐために
上陸禁止の措置が執られているとのことです

14.07.02-marseille08.JPG
さて、写真左の黒い建物は最近出来たばかりの美術館なのですが、
お約束のランチはここの屋上でいただきました
マルセイユで一番人気のシェフが腕を振るうレストランなのだとか

14.07.02-marseille09.JPG
前日に続いてのイベリコ豚の(骨付)ステーキ

14.07.02-marseille10.JPG
まだ行ったことが無いのですが、
丘の上のノートルダム寺院もとても美しく見えていました

お腹も膨れたところで、この日の目的地へ

こちらが「セナンク修道院」です。
14.07.02-marseille11.JPG

14.07.02-marseille12.JPG

ここのラベンダーも立派でした
ご挨拶をして見学をさせていただきました。

この「セナンク修道院」も有名な観光地ですが、
すぐ傍にあるゴルドという街も、
その美しい全貌を一目見ようと
世界中から沢山の人がやってくるところです。

通り道だったので立ち寄ってくれました
14.07.02-marseille13.JPG

14.07.02-marseille14.JPG

息を飲む美しさとは正にこのこと
テレビや雑誌で一度は見たことがある眺めでは無いでしょうか

14.07.02-marseille15.JPG

14.07.02-marseille16.JPG
この直後、ゴルドの街に入って少し散策し、
素敵な教会の見学もさせていただきました。
教会では何とも言葉で表現出来ない感覚になり、
行く度に心が洗われる気がします
懺悔することがいっぱいなのかも(笑)

この3日目もとても充実していて大満足でした

おまけ
この日の締めくくりは久々(2日ぶり)の米
14.07.02-marseille17.JPG
トマトベースのサーモンリゾットです。
レモンをたっぷり絞っていただいたら、
とてもサッパリしていて最高でした

そして、こちらは私のお気に入りドリンク「パナシェ」です。
14.07.02-marseille18.JPG
日本ではなかなかメニューで見ることがありません。
イギリスに行くとシャンディーと言いますが、
ビールベースのカクテルのことで
このパナシェはストロベリージュース入りでした

明日はいよいよプロヴァンスを発ち、
TGVでパリへ向かいます

たかみつ

7月のジョギングとグルメレポート

| コメント(0) | トラックバック(0)

海外出張の報告はお休みをさせていただいて、
毎月のジョギングの報告です

今月もまたまた言い訳から始まってしまいますが、
月の前半は海外に出ていたことに加えて、
今回は帰ってからの時差ボケが酷かったこと
毎日、夜中の12時を過ぎると元気になってきて、
朝9時頃になると気配を消していました(笑)

7月前半はプロヴァンスとロンドンで一度ずつ走っただけで、
ほとんどジョギングは出来ず...
そうして休足し過ぎたのか、
長めの距離を走ることが出来なくなってしまっています

結果、今月も85kmの目標に対して70kmと目標未達成
年間目標の1000kmに届くかな?
とにかく出来るところまで頑張ろう

走った回数 16回(年間トータル:108回)
走った距離 70.15km(年間トータル:568.11km)
消費カロリー 5732kcal(年間トータル:46274kcal)
年間目標残り 431.89km

真夏のジョギングって、
どれだけ自分にストイックになれるかですね...
ジョギング中は最初から最後まで
「挫折したい」と言い訳を並べる自分との戦いです(笑)

今月も少しだけ美味しかったものの写真を

14.08.01-gourmet01.JPG
近所のお気に入りのハンバーグ屋さんのランチプレート

14.08.01-gourmet02.JPG
アワビの肝ソース煮込み
お皿の上で直火で煮込みます

14.08.01-gourmet03.JPG
フルーツティー
さっぱりしていて、何杯でも飲めそうでした

今月の逸品はコレ
14.08.01-gourmet04.JPG
イチゴのフロマージュ
甘過ぎず重すぎず、
良い意味で見た目のイメージを裏切る逸品でした

8月のグルメはいかに

たかみつ

メドウズジャパン
イーズ 未来共創フォーラム
100万人のキャンドルナイト でんきを消して、スローな夜を。
リサイクルせっけん協会

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。