2011年8月アーカイブ

八幡堀

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回の日牟禮八幡宮のご紹介の続きで、
今回は八幡堀をご紹介します

名前の通り、
秀次が築城した八幡城のお堀だった場所です。

11.08.28-hachimanbori01.jpg

11.08.28-hachimanbori02.jpg

11.08.28-hachimanbori03.jpg

3枚の写真を添付しましたが、
少し写ってしまっている新しい建物を隠して見ていただくと、
この風景に見覚えがある方がほとんどではないでしょうか?
度々、映画やドラマの撮影がされているところなんです

私の記憶で新しいものだと、
昨年の大河ドラマ「龍馬伝」や映画「必殺仕事人2007」などなど
普通に街なんですけど、
まるで映画のセットの中にいるかのような場所もたくさんあります

前回に
「近江商人の町」としてご紹介させていただきましたが、
八幡城が築かれた時、
このお堀を使って船で琵琶湖に出て、
各地へ商品を届けたり仕入れたり
していたことで繁盛したと言われています。

ところが、お堀としての機能が失われたあと、
水が汚れてヘドロが溜まり悪臭が酷くなったので、
埋めてしまって公園や駐車場にすることに
一旦は決まったそうなのですが、
青年会議所のメンバーが中心になって、
地域の住民と共に必死に掃除をしたり署名活動をしたりして、
今の景観が残せることになったそうです

有り難い話しですね~
「なまずのおそうじ」もそろそろ次回の企画が出てくる頃かな~

たかみつ

日牟禮八幡宮

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回は近江八幡市のご紹介です

この地域では
「旧の八幡市内」と呼ばれる一角にある
日牟禮八幡宮をご紹介します

11.08.28-himure01.jpg

11.08.28-himure02.jpg

以前に紹介した八幡山の麓にあって、
豊臣秀次が八幡城を築城する際に
今の場所に移転されたそうです。

秀次の悲しい最後があって、
もともとの計画通りにはいかなかったようですが、
その後から現在に至っても、
俗に言われる「近江商人」に崇敬される守護神です。

現在では、
この日牟禮八幡宮を中心に一昔前の街並みが保存されていて、
静かで由緒のある佇まいになっています

和菓子屋さんや琵琶湖の魚料理のお店など、
この地域独特のものをいただけるお店もたくさんありますよ

かつて、このブログでもご紹介した
和た与さんもすぐ近くにお店があります

たかみつ

金比羅さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週の3日間の九州出張の翌日、
香川県にある金比羅さんに約10年ぶりに行ってきました

誰もが知っての通り、
本宮がある中腹まで785段、
奥社までは1368段の石段があります

11.08.20-konpira01.jpg

登り始める前に、
駐車場を借りたお土産物屋さんが「無料で杖を貸してるよ~」って
言ってくれたのですが、
10年前に登った経験があったので
「大丈夫~」なんて言って杖を借りずに登ったら、
半分も行かないうちに後悔しました

それも途中で雨が降ってきて...(やっぱり雨男)、
石段がツルツルで何度も滑って空を飛びそうになってました
10年前の体力と運動神経がそのままな訳ないですよね

そんなこんなでしたが、
ようやく785段を登りきって本宮に到着

11.08.20-konpira02.jpg

「彩生舎に関わる全ての人が幸せになれますように...」
とお祈りをして来ました
人に言っちゃったらダメなんでしたっけ?

そして
今日の一番のお目当てでもあった
「幸せの黄色いお守り&こんぴら狗ストラップ」を
いただいて来ました

11.08.20-konpira03.jpg

この鮮やかな黄色さは沢山の幸せを引き寄せてくれそうです
あやかることが出来るでしょうか...

おまけ
下りの時に神馬(しんめ)発見

11.08.20-konpira04.jpg

この写真を撮った時は、
「かわいい!」とか「かしこそう!」とか言ってたのですが、
よくよく聞いてみると神馬を育てている神社って、
全国に10件ほどしか無いんですね
これまた、とても貴重な方に出会えました

たかみつ

桑の実工房さん(続き)

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回のブログでご紹介させていただきました
「桑の実工房」さんのホームページ内のブログで、
逆に彩生舎をご紹介してくださいました

とっても有り難いお言葉もいただきました

改めて「桑の実工房」さんをご紹介させていただきます

『私達が目指していること
 ひとりひとりの今と将来のより良い暮らしを実現するために
 生き物のように変化する事業所を創り上げます』
とトップページに書かれています

「創り上げる」という言葉にはとても深い意味があって
○ポジティブに
○意識的に
○繰り返し
○チャレンジして
○築き(気付き)あげる...
という意味があります

単に「作り上げる」と書くのとでは
「想い」に大きな違いがありますね

とても心の籠もった作品がたくさんありますので、
皆さん一度覗いてみてください

桑の実工房さんのホームページ
トップページはこちら
ブログページはこちら

簡単にお会い出来る距離ではありませんが、
いつも心が通い合うご縁にしたいと思います

たかみつ

桑の実工房さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は先週の九州出張の3日目にお邪魔した
桑の実工房」さんをご紹介します

桑の実工房」さんは
福岡県北九州市にある障害福祉サービス事業所なのですが、
今回お邪魔したのは、「桑の実工房」さんの施設ではなく、
とある神社をお借りしての作品展の会場です

まず、玄関を入っていきなりビックリ
Tシャツが吊ってあったのですが、まさにアート(言うまでも無く芸術作品

その他には木工製品や染め物や陶器を中心に
様々な商品が飾られてあったのですが、
「作品」と表現するのをはばかられるほど、
一切の妥協が無い「商品」でした

11.08.19-kuwanomi02.jpg

11.08.19-kuwanomi01.jpg

ターナー(フライ返し)やしゃもじの表面のすべすべ感なんて
言葉では表現出来ないほどでしたよ
相当に時間をかけて丁寧に磨き込むんだそうです

11.08.19-kuwanomi03.jpg

所長の桑園さんです
障害のある人達が自身で生計を立てる為には、
仕事に妥協があってはいけない...という点で同じ考えでした
と言っても、厳しい方な訳ではなく、
見た目の通りとっても優しさが溢れ出た方です
朝10時にお邪魔したのですが、
その直後から訪れる方の人数や雰囲気を見ると間違いなさそうです

この作品展では喫茶コーナーもあったのですが、
「桑の実サイダー」なんてものもあって、
それ以外にも
色んな「桑の実」を使った商品にこだわっておられるところも
愛嬌があって楽しかったですよ

こんなに遠く離れた作業所の方とお近づきになれるなんて、
これも何かのご縁だと思います
少しずつでも大切に大切に育てていきたいと思います

たかみつ

ゆふいんの森

| コメント(0) | トラックバック(0)

3日間の九州出張の予定を全て終えて帰ってきました

1日目は初めて大分県の日田市まで行って来ました
福岡県と大分県の境に位置し、
ちょうど九州地方のど真ん中って感じのところにあります

朝早くに滋賀を出発して
乗り継いで乗り継いで
最後は「ゆふいんの森」に乗り換え、かれこれ約6時間

11.08.17-hita01.jpg

「ゆふいんの森」に乗ってからは、
とても自然が豊かなところを走っていました
清流のなか、カヌーをしている姿も

温泉地としても有名なところなのですね
観光客の方もいっぱいでした

日田に来たらば「日田焼きそば」でしょってことで、
あんまり時間は無かったのですが、
暑い中、汗だくになるほど歩いていただいて来ちゃいました

11.08.17-hita02.jpg

麺をカリっとするほど焦がしてあって、
もやしはシャッキシャキ
とっても美味しかったですよ

あっ、一応ちゃんと仕事もして来ました

たかみつ

奥びわ湖

| コメント(0) | トラックバック(0)

少しお盆のお休みをいただいていました

お盆前から暑いですね~
昨日くらいから夕方になると
少し暑さがマシになって来た気がするのですが
気のせいでしょうか

それでも昼間はとっても暑いので、
今日は避暑を求めて奥びわ湖へ行ってきました

夏は涼しく
秋は紅葉が美しく
冬は雪に埋もれ...
春には桜がとってもキレイなところです
歴史探訪も色々と出来るんですよ

避暑を求めて出発
と思ったら、その瞬間から...
それも土砂降り
行かなくても、とっても涼しくなりました

しかも、せっかくの景色も霞んでしまってこんな感じ...
それでも何だか風情があるんですよ

11.08.16-okubiwako01.jpg

11.08.16-okubiwako02.jpg

とってもいいところなので、
機会があれば是非、奥びわ湖に来てみてくださいね

明日からは九州へ行ってきます

たかみつ

秀次の人柄

| コメント(0) | トラックバック(0)

6月14日のブログでも紹介させていただきましたが、
彩生舎がある近江八幡市は
豊臣秀次が築いた街と言われています

秀次のお陰か、近江八幡では見どころも
八幡山や日牟礼八幡宮、水路(八幡城の外堀)などいっぱい

そんな近江八幡市を
このブログでも少しずつご紹介させていただこうと思います

今は大河ドラマで「江」が放送されていますので、
この辺りも時折紹介されていて、
その為か観光客は少々多めだそうですね

その「江」で少し前に、
日野川にかかる桐原新橋が紹介されていました

ここはよく通るのですが、
この橋のたもとには
秀次の銅像とこの地域の農民の銅像があります。

11.08.12-kirihara01.jpg

11.08.12-kirihara02.jpg

この銅像には「水争い裁きの像」という名が付けられていて、
日野川の上流域と下流域の農民同士が
農業用水や生活用水を巡って、
流血にまで至る騒動となった時に、
秀次が直々にやってきて、
互いの言い分を聞き、双方が納得のいく裁きを下して、
争いに収拾をつけたと言われています。

秀吉とは対称的に、
庶民の暮らしやその心にも目を向ける、
とても心優しい人柄だったという印象が今も残っているようです

とても悲しい結末には触れないことにします

たかみつ

キャラコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回は少し間が空いてしまいましたが、
7月24日に
鳥取県大山寺の近くにお取引先がオープンされた
お店をご紹介させていただきます

7月21日はこのお店のオープンに先駆けて、
納品と設営のためにお邪魔していました

お店の写真はこちら↓
11.07.24-caraco01.jpg

11.07.24-caraco02.jpg
大山寺へ向かう正面の通り沿いにあります。

お店の名前は「キャラコ」

11.07.24-caraco03.jpg

プリザーブドフラワーと言って、
生花でもなく、ドライフラワーでもなく、
この加工をすれば、
見ても触っても「生花」の感覚で
何年もそのままの状態を維持できます

リビングの演出なんかにはとっても好都合ですね

このお店では、
アレンジフラワーのようにキレイにアレンジされた
プリザーブドフラワーを購入することも出来るのですが、
一つ一つの花や小物を自分で選んで、
自分だけのオリジナルを作ることも出来ます

11.07.24-caraco04.jpg

11.07.24-caraco05.jpg

そして、ここで彩生舎の出番
最後にオリジナルアレンジされたプリザーブドフラワーの
テーマに沿ったエッセンシャルオイルを使用することが出来ます
これで、お部屋の演出は完璧

11.07.24-caraco06.jpg
ちょっとした飾り付けにピッタリ

11.07.24-caraco07.jpg
また、誰が見ても話題になるような
こんなものを作ることも出来ます

皆さん、
大山に行かれた時には是非立ち寄ってみてくださいね
お土産物やアイスなんかも売ってます

たかみつ

復興支援イベント

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は
地元で被災地の復興支援イベントが開催されていて、
少しだけ参加して来ました

11.08.07-train01.jpg

復興支援と言っても、
このイベントは三陸鉄道の復興を支援しようというもので、
模型の電車を走らせて遊べたり、
それを見たりすることで人を集めて復興支援に繋げようという狙いです
一口に被災地支援と言っても、
いろんな視点からの支援があるんだなぁ...と思いながら、
少しだけ参加させていただきました

11.08.07-train02.jpg
0系新幹線

11.08.07-train03.jpg
地元の人にしか分からない「あかね号」

みんな楽しそうに遊んでいて、
募金箱が隅っこの方で
何だか忘れられている感じだったのが少し気になりましたが

そして今日は、
先週に続いて、今度は近くの商店街で七夕祭りが開催されました

11.08.07-tanabata01.jpg

写真では分からないと思いますが、
ところ狭しと笹が立てられていて、
その全てに沢山の短冊が付いていました
全部あわせたらかなりの数の願い事です
この辺ってこんなにたくさん人が居たっけ...

もう少しでお盆
まだまだ暑い日が続きますが、
体を壊さないように明日からも頑張りましょう

たかみつ

「水の彩」製造工場見学会

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日ですが、
グリーンコープおおさかの皆さんが
「水の彩」の製造工場見学会を企画してくだって
大人も子供も入り乱れて()総勢22名もの方が来てくださいました

今まで何度か「水の彩」の工場見学会を開催しましたが、
こんなに沢山の人が来てくださったのは初めて

それに、初めからみんなとっても楽しそう
特にお子さん達はみんな元気ですね~
とっても可愛い子たちばかりで、
途中、仕事中なのか何なのか分からなくなって来ました

お昼前に集まって、
まずは「昼食交流会」の様子です
11.08.02-nobel01.jpg
この時から子供たちのテンションは既にマックス

いよいよ工場見学が始まりました
11.08.02-nobel02.jpg
人数が多かったので、
3つの班に分かれて見学をしていただいたのですが、
小学生のお子さんは
社会見学の意味でしっかりノートとペンを用意して
「お勉強」してくれていました

工場の中と検査室なども見学していただいて、
みんな帰って来た後はプチ講習会で「自身のお肌の振り返り」
11.08.02-nobel03.jpg
色んなことに気がついていただいたようで良かったです

元々から顔見知りだった方が多かったこともあり、
会はとても和やかに...というか賑やかに進行したためか
終わった後も「帰っちゃった...」という気持ちにもなるくらい、
とても楽しく意義のある見学会でした
11.08.02-nobel04.jpg
皆さん、本当にありがとうございました
また来てくださいね

たかみつ

メドウズジャパン
イーズ 未来共創フォーラム
100万人のキャンドルナイト でんきを消して、スローな夜を。
リサイクルせっけん協会

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。