2011年5月アーカイブ

6月1日

| コメント(0) | トラックバック(0)

ブログをお読みいただいている方へ、
少し早めのご案内をさせていただきます

2011年6月1日
彩生舎はハイパープランツ株式会社の事業継承を受け、
今までの化粧品と浄水器事業に加え、
アロマセラピーに関する
エッセンシャルオイルなどの発売元になります。

従って、このホームページも
6月1日に大きくリニューアルされることになります
是非、詳しくご覧いただきたいと思います

昨日、フランスから帰国したのですが、
フランスへ行っていたのもそのため

多くのエッセンシャルオイルのお取引をさせていただいている
イリス社のロドルフ・バルツ氏にご挨拶をして、
様々な植物の栽培現場や生産者の方々にお会いして来ました

皆さん、とても陽気な方ばかりで、
なおかつ誇りを持って大地と人と植物が
健康であり続けるための工夫をされていました

その、フランスでお会いした皆さんやフランスでの様子など、
このブログで追って少しずつご案内していきたいと思います

たかみつ

初めてのフランス

| コメント(0) | トラックバック(0)

生まれて初めてのフランスに到着しました

今回、観光の時間は全く設定されていないので、
一目見てみたかった
ルーブル美術館と凱旋門の写真だけ撮って来ました

2011.05.24-frence01.jpg

2011.05.24-france02.jpg
ルーブル美術館です
おっきかった~

2011.05.24-france03.jpg
夕日と共に凱旋門

翌朝にはTGVでヴァランスへ

その後の様子はまた改めて報告します

たかみつ

JOC総会

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し遅れましたが、
18日の夜に行われました
「JOC近江部会」の総会の様子をご紹介します

2011.05.18-joc.jpg

この日は京都のJOC本部や京都信用金庫の方も
たくさん集まってくださり、
この次の一年間の計画などについて提案して、
承認をいただきました

今年は魚屋さんに来ていただいて
「魚の捌き方教室」なんかも開催する予定です

どこでするかが問題

このブログでは突然の案内ですが、
これからフランスへ出張して来ます

またフランスでの様子もご紹介させていただきますね

たかみつ

おやっさん

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は朝から大阪に行っていました

全面改修されてから初めてだったのですが、
とてもキレイになっていましたよ

ところが今日はとっても悲しいことが...

お昼に少しぽっかり時間が空いたので、
そうだと思って、少し足を伸ばして第三ビルへ

貧乏していた若い時にとってもお世話になっていた
「おやっさん」に約2年ぶりに会いに行きました。

ところが...
お姿はなく写真だけが...
お亡くなりになっていました

ずっと前から心臓病を患っていたそうで、
昨年あたりから入退院を繰り返していて、
今年の2月に亡くなられたのだと

とっても男気があって優しい方だったので大好きでした
大好きな人には不義理をしちゃいけないなぁ...
と未だに少し凹んでます

話しは変わって、
新しい大阪駅でこんなものを見つけました

2011.05.20-osaka.jpg

「水時計」

上から細い線で水が落ちてきて、
文字や絵になるんです

たいがい粘りましたが、
なかなかタイミング良く撮れませんでした

そう言えば、
ラスベガスには噴水でのショーがありますが、
「水で文字を書く」
っていうのは聞いたことがありませんでした

たかみつ

びわこ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はとっても天気が良く、
琵琶湖がいつもよりキレイに見えたので撮ってみました

2011.05.18-biwako.jpg

気温もちょうど良く、気持ちいい一日でしたね

こんな感じの日が続くといいのですが、
あっという間に真夏

少し前から
「クールビズ」ならぬ
「節電ビズ」なるものが流行っているそうで

一時的なものにならず、
あらゆることに節電のための工夫がされて、
新たな「エネルギー計画」が
原発不要な社会の実現に向けたものになれば
と思います

私も買いに行こ

また琵琶湖のお掃除もしなきゃ

たかみつ

被災地の現在

| コメント(0) | トラックバック(0)

先ほど、東京から滋賀に帰ってきました

被災地のボランティア活動に参画している複数の知人から、
昨日、今日と立て続けに同じような連絡が入りました

ゴールデンウィークが明けたとたん、
被災地でのボランティアの方が激減したそうです
致し方ない面もあるのかな...とも思いますが、
支援物資として届けられていた食料も
極端に少なくなってしまい、
炊き出しもまともに出来ない状態なのだと

まだまだ、被災地は炊き出しや
みんなからの支援が必要な状況のようです

出来ることを続けましょう

たかみつ

チャレンジ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日からまた東京に来ています

5月3日付けのこのブログで
「当たり前を変えるということ」と題して、
今後の日本のエネルギー源のことについて
書かせていただきました

この間、浜岡原発の停止など
「なんか、中途半端~」と思っていましたが、
遂に昨日、総理大臣から
「エネルギー計画を白紙撤回する」との発言がありました

何だか、嬉しくて仕方ありませんでした

まだまだこれから白紙に戻したあと、
どんな筋書となるのかにもよりますが、
「一歩前進」って感じですね

私は何もしていませんが、
私のまわりの方々や
恩師達の今までの努力や想いが伝わった気がしました

相当な努力と工夫と我慢が必要だと思いますが、
子供達が、またその子供達が
安心して暮らせる未来を作っていけたらいいですね

たかみつ

有効利用で一石二鳥

| コメント(0) | トラックバック(0)

ゴールデンウィーク最終日となりました
皆さんは
有意義なゴールデンウィークを過ごせました?

私は最終日の今日、
ようやくゆっくりさせていただくことが出来ました

そこで、ご近所をちょっと散歩
少し暑いくらいでしたが気分転換になりました

彦根市にあります我が町「西今町」の風景です

2011.05.08-hatake.jpg

少し離れれば、
近江米を作る田んぼが沢山あるのですが、
この辺りは畑がとても目立ちます。

と言いますのも、
7~8年前の自治会の総会で、
それまで目立っていた荒れ地を有効利用しよう
という意見が出て畑づくりが始まったんです

荒れ地になって放置するよりいい
ということで安価で貸してくださっているようで
一石二鳥

意外に
「野菜づくりをやりたい
と言う人も多いんですね
私は無理ですが

そんな動きがどんどん広がって、
今では畑がいっぱいで空き地がほとんどありません

そうやって出来た野菜も利用して、
公園を掃除した後にバーベキュー
なんて企画も来月にあります
楽しみ~

ところで
今日は「母の日」でした

2011.05.08-flower.jpg

皆さんは親孝行できました?

たかみつ

経営者のあるべき姿

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここ最近、
経営者がテレビで追求を受け、
土下座をするようなニュースが何度も放送されています

その度に「自分ならどうするだろう...」と考えてしまいます

決して、
自分が出来た経営者だなんて毛頭思っていませんが、
原発の問題にしても食中毒の問題にしても、
経営者としての振るまいに違和感を覚えて仕方ありません

事が起きて何日も何週間も身を潜め、
自分の会社の社員が
命を張って懸命に事を納めようとしているのに姿すら見せず、
後から登場して最後は土下座。

一人じゃ何も出来ないけど、
最初から自ら現場で一緒に作業するべきなのではないでしょうか。

また、もう一人の経営者もテレビカメラの前で土下座しています。
本心なのかな?と思ってしまいます。
報道を聞く分には「未必の故意」に当たると思うのですが、
テレビでは業務上過失致死としか言いません。

こんな風に違和感を覚える経営者の共通点は...と考えました。
何の根拠も無いですが、その共通点は「嘘」ではないでしょうか。

経営者が嘘をついた途端、
全てが空回りし始めるように思います。

偉そうに書いてしまいましたが、
「正直に生きる」
私の信念の一つでもあります。

覚悟と責任感を持って、
正直でいられる生き方をしたいものです

たかみつ

「当たり前」を変えるということ

| コメント(0) | トラックバック(0)

未曾有の大災害から、
あと10日ほどで2ヶ月が経とうとしています。

未だに多くの町でがれきの撤去すら出来ていなく、
避難所での生活を余儀なくされている方がたくさん居られます

一日も早く、
まずは仮設住宅に皆さんが移れるよう、
私には祈るばかりです

そんななか、
「一日も早い復興を」という声がよく聞こえてきますが、
一方でこれからの日本国民の生活の在り方を
問われているような気がしてなりません。

今までのように
『電気は料金さえ払えれば使いたいだけ使い、
 何でも簡単にゴミにして新しいものを手に入れ、
 冷たいもの温かいものが当たり前に手に入る。』
という生活がいかに便利で有り難かったのか...
ということを痛感したとおっしゃる声を何度も聞きました。
本当にそうだと思います

ですが、これからの日本の復興は
東北地方を中心にして、
単に今までの暮らしを元に戻すことを目指して
良いものなのでしょうか?

有り難かった今までの生活の裏側に、
この度の震災で露呈された
「その便利さに対して国民全体が背負うリスク」
があります。
原子力発電そのものがそれにあたると思います。

日本のように地震が頻発して当然と言われるこの国で、
子孫までも危険にさらす原子力発電を
「必要不可欠なもの」
と単純に前提づけて良いのでしょうか...。

それは、
今までの生活を当たり前のものとして考えるからであり、
生活の在り方から考え直す必要は無いのでしょうか?
それとも全く不可能なのでしょうか?

○徹底的に照明をLEDに変える。
○照明の間引きは当たり前というより、
 建物内の照度の上限を定める。
○自販機の飲み物の温度管理は太陽光の力の範囲でなされる。

いつでもどこでも
「冷たい飲み物や温かい飲み物が手に入る
無駄な電力消費ではないですか?
雨の日が続いたらビールが冷えていない...
それが当たり前になれば、
それはそれで何とかしてみんな工夫するのではないでしょうか?

最近はこんなことばっかり考えてしまいます
皆さんはどう思われますか?

たかみつ

メドウズジャパン
イーズ 未来共創フォーラム
100万人のキャンドルナイト でんきを消して、スローな夜を。
リサイクルせっけん協会

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。